摂取量

ノコギリヤシと発毛の関係

ノコギリヤシは、北米に自生するヤシ科の低木です。
この木の実は古くからインディアンの食用にされていて、滋養強壮の薬としても使われていたそうです。
このノコギリヤシの効能が調べられ始めたのは、ここ50年ほどのことですが、効能の一つとして育毛効果があることがわかってきてからは、薄毛に悩んでいる人々に愛用されるようになってきました。

薄毛に悩む人は男女を問いませんが、圧倒的に男性が多いのが事実です。
何故薄毛になるのかは、遺伝的なものや生活の仕方、歳をとってきてホルモンのバランスが変化することなどがあります。

男性のホルモンの変化に関しましては、男性ホルモンの中の1つが原因だと言われていますが、それが多く存在する場所が頭の毛が生えている部位と前立腺だそうです。
このために歳をとってきますと頭の毛が薄くなったり、前立腺肥大になるのです。

ノコギリヤシが薄毛に効く理由は、原因となる男性ホルモンの一つが少なくなるように作用するからです。
しかし、薄毛になるからと言って、この原因となる男性ホルモンが無くなってしまっては却って体に悪く、副作用がでたりしますので、適量を守って使わなければなりません。

髪の毛に限りませんが、体毛は今生えている毛が全てではなく、目には見えない休んでいる毛もあれば、抜け落ちるものもあります。
そういうわけですから、薄毛でない人でも常に抜けては生えを繰り返しています。
この均衡が保たれていれば薄毛にはなりませんが、均衡が崩れてきて抜ける方が多くなると毛が減ってきます。

この均衡の崩れは、生活習慣にも大きく影響されます。
それは、偏った食事や喫煙、飲酒、あるいはストレス等です。
ノコギリヤシは薄毛の改善に効果がありますが、生活習慣を改善しないで、ノコギリヤシだけに頼っていては、その効果は半減してしまいます
食生活を改善して睡眠をたっぷりとり、そしてノコギリヤシを使うことで薄毛が改善されることでしょう。

MENU
Copyright(C)男性には欠かせない魅力的な成分